Restart Lives

アラフォー再婚夫婦の新生活日記

【再婚への道】彼を両親に紹介する際、工夫したこと3つ

スピード再婚への道を順調に歩いているkikoです。

たぶん…いまのところ…(笑)

f:id:makilestone:20170502132057j:image

↑イチ君の手土産の品

 

 知り合ってから両親に紹介するまでの時間が短く、でも早めに籍を入れたいので、家族への報告は速やかに!

そして「誤解されて反対される」ことが無いように、とにかくソフトランディングを目指しました。

 

紹介してから何度も会ったり、ともに過ごせる時間がたくさん取れれば、自然に人柄も分かって好きになってもらえると思うのだけど(私が選んだ人ですから!!)…

でも離婚して1年もしないうちに「再婚しようと思うの」なんて言われたら、拒否反応やいぶかしむ気持ちが起きてもおかしくありません。

導入部分でヘマやって印象が悪くなると、そのマイナスを取り返すのに時間がかかりますからね…

 

今回気を付けたこと3つ

(1)両親の心のフックにひっかかる内容から話す

(2)報告はまめに。経緯もその都度。

 (3)彼との事前の打ち合わせは念入りに

 

(1)両親の心のフックにひっかかる内容から話す

 人間歳をとってくると、話の全てを覚えている訳ではなく、自分の印象に残った事柄から記憶するようになるみたいです。

だからイチ君と付き合い始めた時から、彼の話をするときには「両親の知っている地名・会社名・身近に似たような人がいる」ような内容から小出しにしました。

具体的には

・イチ君の弟さんは父の関係会社に勤めてる

・イチ君は両親のよく行くショッピングモールに営業に来ている

・近所の●●さんと同じ大学出身

などなど。

自分の知っている範疇に重なる部分があると安心するようです。

あと記憶にも残りやすいので何度も説明する手間が省けるw

 

(2)報告はまめに。経緯もその都度。

イチ君とは婚活を通して出会ったわけではないのですが、お互いが婚活中と分かった時点で母には報告しました。まだ付き合うかも分からない時点で。

 

その後もデートのたびにお土産を買って実家へ行き、楽しかった話や惚気話を聞いてもらって…(笑)

母親に猛烈に背中を押してもらったことで、「この人と再婚してもいいのかな」と不安になった時、前に進む力をもらえました。

 

(3)彼との事前の打ち合わせは念入りに

これは当然ですよねw

私の実家へ行く当日の服装や手土産に関しては、かなり私の意見が入っています(笑)

あとは両親の心のフックに引っかかった内容を中心に、二人の歴史について再確認!

そして今後の見通しや将来的な計画についても確認をしました。

 

 

こんなに恣意的に動く必要もないのかもしれませんが、外野からの文句を解決している時間も労力ももったいないので、今回は細心の注意を払って進めてみました。

おかげでイチ君は母の大のお気に入りに♪父もフランクに接してくれています。

 

自分の好きな人が自分の大切な家族に好意的に迎えられている姿は、やっぱりいいもんです。

ウソをつかない程度にちょっと背伸びして、なじんだ後にボロが出るのは仕方がない(笑)

気に入ってもらった後のボロなら、笑って済ませられることも多いと思うのです。

 

再婚(初婚でも)を考えられている方の参考になればと思います。